当社では、役員を含めすべてのスタッフを対象に次の通りテレワークなどを実施中です。
 

・フル在宅勤務ができる環境を整備していますが、新たなツールの導入や各種オンラインツールの習熟において要望がある場合は感染対策に留意し、オフラインでのコミュニケーションも実施し、スタッフ間でのデジタルディバイド抑制に取り組んでいます。
 

・すべてのスタッフにはテレワークに必要な次のツール類を整備しています。
  ・利用デバイスを問わないクラウドシステムの利用
  ・社用、私用を問わず、IT/通信関連デバイスに関するヘルプデスクの開設
  ・在宅勤務、リモートワークで使用できる各スタッフ毎のクラウド電話番号の付与
 

スタッフの自宅写真

・スタッフの移動時間の低減と効率化のための環境整備をしています。
  ・スタッフが安心して利用できるサテライトオフィスの選定と指定
   事前に自社労働安全委員による訪問を行い判定、指定を行っています。

    指定基準(一部)

   1,施設の感染対策の状況

   2,施設のBCP対策状況(避難方法、非常時連絡取り決めほか)

   ※なお、施設ごとに自社セキュリティー区分を定め、スタッフが情報保全に悩むことなく利用できるよう取り組んでいます。

・社内のデジタルデバイドとは

 例えばリモートワークに関する新たなクラウドシステムを採用し、業務で使用する際に

 スタッフ間でシステム利用の習熟度に大きな差があった場合、業務効率が低下するとともにスタッフの能力発揮や業務意欲の低下してしまうことが考えられます。この様な差をデバイドと言います。

 当社では特に、働くスタッフの意欲に配慮できればと考え、オフラインでの業務や会合にも取り組んでおります。その際に大切にしているのは生産性ではなく、人の気持ち。

 利益や実績を生み出すのは人であり、システムではありません。

 業務がシステムに縛られるのではなく、システムを上手く運用し、業務を行う事がベストな結果を生み出すと考えています。

コロナ禍において設立されたクラウドファースト企業の当社は、皆様に提供できるクラウドワークのノウハウがあるかもしれません。

テレワークの導入、クラウドツールの選定などのご相談も承っておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。